工作機械の動向と発展

工作機械の開発は、将来の製造業の開発ニーズと切り離せません。たとえば、エネルギー、食品、医用生体工学、通信、自動車、農業機械などの産業の発展は、将来の工作機械の開発に大きな影響を与えるでしょう。

たとえば、エネルギーや農業機械などの産業の機器は、一般的に大規模な機械です。これらの機器を処理する場合、工作機械はより高いスピンドルトルク、より高いスピンドル出力、およびより大きな作業スペースを備えている必要があります。工作機械の特定の要件は、特定の機械ではなく、より多くのカスタム機能を持つことです。

医用生体工学、通信、その他の業界の機器は、一般的に小型の機器です。これらの機器のコンポーネントはますます小さくなり、構造はますますコンパクトになり、処理中にさまざまな切断環境が必要になります。チタン合金などの切断が難しい材料を処理する必要がある場合があります。そのため、加工設備にはより高い精度とより強い剛性が求められます。特定の生産要件に関して、医療工学(ターゲットソリューション)は、より少ない量とより高い品質を必要とします。通信技術の分野では、より小さなサイズとより高いコスト競争力が求められています。 

自動車製造業にとっては、一般的に高度に統合された製品であり、小さなスペースにさまざまな製造技術を統合する必要があります。これには、新しい金属材料を処理するための新しい処理技術と、繊維材料などの新しい材料を処理するための新しい処理機械が必要です。工作機械に対する自動車製造業の要件は、将来、1台の機械を処理と組み立てに使用できるようにすることです。工作機械の展開という点では、工作機械はより広い処理スペースを持ち、大量生産に適している必要があります。

工作機械に関するさまざまな業界の要件を見ると、将来、工作機械は次の基本的な要件を満たす必要があります。精度エラーの低減、エネルギー消費の削減、処理時間の短縮、機器全体の効率と持続可能性の向上。  

さまざまな製品にはさまざまな特定の要件があります。さまざまなサイズ、さまざまな製品、および新しい材料の処理です。
工作機械の今後の開発には、2つのトレンドがあります。顧客の特定の要件を満たす完全な製造システムの開発。機器の全体的な効率と持続可能性の向上。


投稿時間:2021年2月28日